■プロフィール

たかやぐす

Author:たかやぐす
 
2010年夏、当時勤務していた投資銀行の東京→香港への業務移転により香港移住開始。
その後、2012年初頭に退職。
嫁さんが中国出身、割安な香港生活コスト(お酒が激安、マカオも近い)、金融所得課税ゼロの理由から香港在留決意。

トレーダー歴14年を生かして(しかし株トレーダー歴はゼロ、正直役に立つのか疑問)香港投資生活開始!
逆境の人生に負けず、明るく香港生活お届けします。

お気軽にメール下さい
takayags☆gmail.com
(☆を@に変えて下さい)

■ブログランキングクリック

ランキングに参加しています
↓ 応援クリックは何よりもの励み☆

■最新記事
■カテゴリ
■最新コメント
■私のお気に入りリンクです
■月別アーカイブ
■PR
■現在時間(香港ギャル時計)

■最新トラックバック
■ブロとも申請フォーム
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■アクセスカウンター

香港内の引越料金 業者によって全然違う!!
何度もお伝えしているが、私達夫婦は今月香港内で引越しをする。
今住んでいるマンションの家賃が高すぎて、家賃が半額のマンションに
2週間後の再来週の週末に引越すことになっている。

↓(参考)6月25日の引越し決定内容のブログです。
http://takayags.blog.fc2.com/blog-entry-61.html


引越しとなると、やはり頭を悩ませるのが、引越し料金である。
引越し業者によって引越し料金が異なるのはどこの国でも同じであるが
海外引越しや、外国内での引越しになると日本国内での引越しよりも
サービスの内容や料金が断然異なってくる。
なので、様々な引越し業者に見積もりをしてもらう事はより
重要になってくる。

まず、東京から香港に2年前引っ越してきた時の話であるが、
その際は、
(*外資系の企業に勤務していると、引越しの手配料金などは全て自腹で支払う事が多い。
赴任と言う形をとらなくて、海外で再雇用の形を採用するのが通常であるからである。)


Aisian Tiger
Santafe
日通


の3社に見積もりをお願いしたのだが、
日通の見積もり料金が断トツ高かった!
外資系2社の海外引越し料金は60万円前後だったのだが、
日通90万円を超える見積もりを提供してきたのだった。

これは、日本のきめ細かいサービス及び日本語を話せるスタッフが
充実していることへのサービス料金の上乗せ分
駐在員の引越しは、勤務先企業が丸ごと請け負っている事が多く、
料金への注文が、個人のときよりも断然少ないのが原因だろう
と推測している。


で、今回香港内での引越しは現状のところ

佐川急便(香港)と
Power Removal(香港のローカル企業)

の二つに見積もりをしてもらった。
その見積もり料金はと言うと、

佐川急便が 15,600香港ドル(約15万8千円
Power Removalが 8,000香港ドル(8万1千円

だった。
約2倍の差もあるのだ!

私達夫婦はタンスやベッドなどの家具もほとんど香港に持って来たので、
引越しの際はそれらの家具を分解、そして再組立てが必要になってくる。
なので、料金も業者によってさらに開きが出て来ているようだ。
もちろん佐川急便の方がサービスの質は断然良いだろうが、
私達は懐事情の事由から、そのサービスの質よりも、
たとえサービスの質が悪くとも、半額の料金を選ばざるを得ない状況である。

いまのところPower Removalにお願いすることを計画している。
もう一つくらいローカル引っ越し業者に見積もりをお願いしてみるかもしれないが。


↓応援クリックは 何よりもの励みです☆
にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
にほんブログ村
香港生活情報
中国関連ブログランキングへ




香港生活 | 13:17:03 | Trackbacks(0) | Comments(0)
Post a comment

Only the blog author may view the comment.