■プロフィール

たかやぐす

Author:たかやぐす
 
2010年夏、当時勤務していた投資銀行の東京→香港への業務移転により香港移住開始。
その後、2012年初頭に退職。
嫁さんが中国出身、割安な香港生活コスト(お酒が激安、マカオも近い)、金融所得課税ゼロの理由から香港在留決意。

トレーダー歴14年を生かして(しかし株トレーダー歴はゼロ、正直役に立つのか疑問)香港投資生活開始!
逆境の人生に負けず、明るく香港生活お届けします。

お気軽にメール下さい
takayags☆gmail.com
(☆を@に変えて下さい)

■ブログランキングクリック

ランキングに参加しています
↓ 応援クリックは何よりもの励み☆

■最新記事
■カテゴリ
■最新コメント
■私のお気に入りリンクです
■月別アーカイブ
■PR
■現在時間(香港ギャル時計)

■最新トラックバック
■ブロとも申請フォーム
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■アクセスカウンター

シンガポール上場のFirst REIT銘柄
最近、

First REIT 銘柄の底堅さに 驚いている!

このリート銘柄をご存知無い方もいらっしゃるかもしれませんので、
簡単にご説明いたします。

First Reit (銘柄コード:FIRT:SP)は、2006年12月にシンガポール株式市場に
初めてヘルスケア関連の銘柄として上場を果たしたリート(不動産上場投信)
でございます。
100%ヘルスエア関連不動産(病院や介護施設)を保有していて、
そこからの賃料を配当金として分配しています。
保有不動産の内容は、ヘルスケアニーズの増加が著しいインドネシアに11施設、
シンガポールに3施設、韓国に1施設 保有しています。

※因に、2008年からのチャートは↓のような感じです。
Screen Shot 2014-07-16

去年の米国がQE3終了宣言前には、ご多忙にもれず他のアジア諸国のリート銘柄同様に
急激に上昇し1.40を上回り、分配金利回りが6%を切ってしまうまで
上昇しましたが、その後QE3終了宣言後急落1.00まで下落しました。
ただ、、、、その後の推移が、、、半端じゃなく底堅い!
他のアジア諸国のオフィスリートがQE3終了宣言後底値を這っているのとは
大違い!

私はQE3宣言前の2013年の1月に余っている資金でこちらの銘柄を
1.07のプライスで購入しました。その後半年足らずで1.40以上まで上昇したので
ウハウハ気分になっていましたが、、、その後急落、、、含み損状態に
なってしまいましたが、インドネシア国内でのヘルスケア関連ニーズの底堅さや
景気のスウィングに影響されないヘルスケア関連銘柄の特性を考慮し
保有を決断、今まで保有をしています。

1.07の株価では、配当金は年率7.5%を超え、そして香港で保有しているので
分配金にかかる税金もゼロ。
1年半保有して、分配金が元本の11.5%分収入として入り、元本上昇分が15%、
とてもありがたい。

さて、昨日2014年7月15日には、今年の第二4半期の決算が発表されました。
QE3終了宣言後の借り入れ金利上昇にも関わらず増収増益を確保。
1口あたり分配額=DPU (Distribution Per Unit)も増加発表。
その結果をみて本日も上昇しています。現在の分配金年率は6.5%程度です。
あとこの銘柄の優れているところはギアリングRatioが30%ととても低い。

今後もこの銘柄には感謝することになるのだろうか!?


↓応援クリックは 何よりもの励みです☆
にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
にほんブログ村
中国関連ブログランキングへ





不動産投資 | 11:57:38 | Trackbacks(0) | Comments(0)
Post a comment

Only the blog author may view the comment.