■プロフィール

たかやぐす

Author:たかやぐす
 
2010年夏、当時勤務していた投資銀行の東京→香港への業務移転により香港移住開始。
その後、2012年初頭に退職。
嫁さんが中国出身、割安な香港生活コスト(お酒が激安、マカオも近い)、金融所得課税ゼロの理由から香港在留決意。

トレーダー歴14年を生かして(しかし株トレーダー歴はゼロ、正直役に立つのか疑問)香港投資生活開始!
逆境の人生に負けず、明るく香港生活お届けします。

お気軽にメール下さい
takayags☆gmail.com
(☆を@に変えて下さい)

■ブログランキングクリック

ランキングに参加しています
↓ 応援クリックは何よりもの励み☆

■最新記事
■カテゴリ
■最新コメント
■私のお気に入りリンクです
■月別アーカイブ
■PR
■現在時間(香港ギャル時計)

■最新トラックバック
■ブロとも申請フォーム
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■アクセスカウンター

カジノ情報 ~ マカオポーカートーナメント大会
最近私はマカオに行っていない。
というより行けていないと言うのが実情かもしれない。
最後にマカオに行ったのはもう1か月以上前になってしまう。。。
スケジュール的にもしばらく行けそうもない。。。
なぜかすこし悲壮感、、、

そんな中、ふとマカオの新聞読んでいたら、
マカオで近々開催されるポーカートーナメントの記事が出ていた。
ポーカートーナメント大会となると
テキサスホールデムポーカーか行われるのが一般的だ。
↓簡単なルール説明
http://jp.pokertips.org/rules/texas.php

わたしはこのテキサスポールデムポーカーが好きである。
香港でも時々友人達とと誰かの家に集まってホールデンをプレーしている。
実際にお金もかけてしてますが、香港ではブックメーカーがいなければ
賭け事をすることは合法なようだ。
私のポーカーナイトのブログはこれ→http://takayags.blog.fc2.com/blog-entry-15.html
香港賭け事の法律豆情報ブログはこれ→http://takayags.blog.fc2.com/blog-entry-14.html

カジノをしない方々でも海外ではホールデンポーカートーナメントの状況を
見学にくる方々が結構多い。生で本当のポーカーフェイス
見ることができるチャンスである。
このトーナメントのプレーヤー達だけは通常(身体検査を詳細に受けるので)
* 帽子をかぶったり
* サングラスをしたり
* 音楽をイヤホンで聞いたり
をする事が認められている。ポーカーフェースを醸し出す道具を利用しているのです。

それでも、各プレーヤー事に様々な癖があって、そこを感じながら、
ホールデンポーカー大会を観戦するのは面白いと思いますよ。

あっ、あごを触った! とか

あっ、2回カードを見た! とか

あっ、貧乏ゆすりした! とか

あっ、なんか笑ったぞ! とか
  (ニヤリ程度ではなく、本当に笑うしぐさをするような時はやぶれかぶれの境地に
   陥っているときが多い:私の感想)
ほんとプレーヤーたちを観戦するのは面白いと思います。


近く開催されるテキサスホールデムポーカートーナメント大会の詳細は
↓(日本語です)
http://www.pokerstarsmacau.com/ja/tournaments/macau-cup-championship/


で、実はこうやってホールデン大会を催して観客を誘致するのも主催者側の
上手いところなのです。
統計では、テキサスホールデンをプレーする(観戦する)人々の
年収や学歴が高い傾向にあるらしいのです。
こうやってさらにこういう方々にお金をカジノに落してもらうってのが、
というのが彼らの魂胆なのです。

でも、それにしても観戦するのはきっと面白いと思いますよ。
もし、マカオにいらっしゃる計画をその時期にされている方が
いらっしゃったら、ちょっと立ち寄って観戦してみるのも
一風違った旅行の過ごし方ができて、良いかもしれませんね!



おまけ、、、台風の爪痕。
私は週に3回程度はジムに行くようにしている。
昨夜今住んでいるマンションにあるジムに行ったら
いたるところで↓↓↓↓な感じになっていた。
でも雨漏りは日常茶飯事なので、みなさん普通な感じでした!
fc2blog_20120725125011ccd.jpg


↓応援クリックは 何よりもの励み☆
にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
にほんブログ村
香港生活情報
中国関連ブログランキングへ



マカオ情報 | 12:02:27 | Trackbacks(0) | Comments(0)
マカオカジノ収益2011年は約3兆円!!!でもやっと陰りが、、、
ご存じでしょうか?
マカオのカジノ収益がラスベガスストリップのそれを追い抜いたのが2006年の後半。
それがなんと2011年には、2006年の5倍ものカジノ収益をマカオは計上したのです。

その額 2兆8千億円!!!

とてつもない金額である。

つまりは、単純に言えばマカオを訪れた人達が、コツコツギャンブルして、
賭けに負けて、約3兆円ものお金をマカオにプレゼントしたとも言える。
恐ろしい、、、
忘れてならないのはこの約3兆円の内、100億円余りは
大王製紙の前会長からプレゼントされたものである。

さて前置きが長くなったが、
実はこのマカオのカジノ収入の伸びもとうとう鈍化してきたようである。
去年から今年の4月までは毎月のように前年同月比20~30%もの
伸びを記録していたのだが、先月5月は伸び率がたったの
7%だったようである。2009年7月以来の3年ぶりの低い伸び率だったとか、、、
2009年7月頃と言えば、まだリーマンショックの余波が世界中を
取り巻いていたときであったが。

さらに、マカオにとって悪いニュースは、中国政府が
中国人が何億人も使用しているUnionPayの海外での使用限度額を
5~10百万人民元(6~12千万円)だったものを1百万人民元に
減らすだとか、そんな噂が昨日流れた。
そのおかげでマカオカジノ株は昨日軒並み5%~6%急落!

そろそろ、マカオカジノ関連産業は急激な成長期から
緩やかな伸びを目指す成熟期に入ってきたのかもしれない。。。
私が保有するマカオ私募ファンドは現在エクジットを開始した。
来年の第一四半期までに全部売却してすべて現金化する予定である。


↓応援クリックは 何よりもの励み☆
にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
にほんブログ村
香港生活情報
中国関連ブログランキングへ



マカオ情報 | 18:31:29 | Trackbacks(1) | Comments(0)
マカオフェリーチケット購入 上級者編
今週末も夕方からマカオに行く予定になっている。
東京から友人がマカオに遊びに来ていて、彼に会うためだ。

この彼との出会いが実に面白い。
この彼とはマカオシティー側にあるSandsのブラックジャックテーブルで出会ったのだ。
一番最初にあった時は夜の11時ころから朝の7時ころまでぶっ続けで
ブラックジャックをした時だった。
彼も徹夜で、そして同じテーブルでブラックジャックを一緒にプレーし続けた。
その時は会話をしなかったのだが。7~8時間も同じテーブルでブラックジャックを
プレーしていると不思議な事に何か通じあうものを感じるようになってくる
そしてその後、マカオサンズに行く度に3度も連続で彼と出会った。
それから会う度に彼とは少しずつ会話をするようになり、3度目にあった時に
連絡先を交換した。
その時は彼も香港に滞在していて、その後夫婦で何度か食事、飲み、ゴルフも
一緒にした。
これからもっと仲良くなる状況の去年の暮に日本に戻る事になってしまって、
残念に思っていたのだが、今回はそれ以来となる香港・マカオ旅行のようだ。
久しぶりに彼にあうのは楽しみである。


さて、マカオフェリー購入上級者編であるが、
これは今年になって発見したことで、時と場合によっては
非常に便利で割安な購入方法である。

お気づきの方も多いと思うが、香港のマカオフェリーチケット売り場、
マカオ側のフェリーチケット売り場には大声で何か叫んでいる
現地のおっさんおばさんが大勢いる。
この手の人たちは以前はチケットが売り切れた後に
急いでいる人達に高く買わせるダフ屋が多かったのだが
最近は様子が違うようだ。
フェリーチケット売り場近くに旅行代理店らしき店を構えている
カウンターがたくさんあるのはご存じだろう。
そのカウンターで大声で何か叫んでいる現地人がいたら、
ほとんどの場合、通常の価格より20-30香港ドル割安でチケットを
購入することができると思っていいだろう。
正規のチケットが売り切れた場合でも彼らはチケットを持っている事が多い。

彼らは団体用チケットを大量に事前に安く購入していたり、
マカオのホテルがプロモーション用に無料で発行しているチケットを
個人から安く買い取り、ある程度マージンを乗せて中古チケット
して販売しているようだ。
この販売方法は合法なのかよくわからないが、香港側、マカオ側でも
あからさまに誰もが気づくように大声をあげて目立つ場所
販売しているので、少なくとも完全に黙認されているようである。

しかし、必ずしも彼らは割安チケットの在庫を持っている訳ではないので、
時間的に余裕がある時のみ、私はこの方法を使って最近はチケットを購入するように
している。


↓応援クリックは 何よりもの励み☆
にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
にほんブログ村
香港生活情報
中国関連ブログランキングへ



マカオ情報 | 13:34:34 | Trackbacks(1) | Comments(0)
マカオカジノの基本情報
今までマカオのカジノ情報について私はブログを書いてきませんでしたが、
今回は少しお伝えしたいと思います。
というのも、香港に私の友人が遊びに来るたびに、
私はいつもマカオカジノツアーというのを行っていて、
大体の友人には喜んで頂いている。

色んなカジノめぐりをしている中で気づいたのですが、
日本人はブラックジャックがカジノの中で一番好きなようである。(私を含めてであるが)

私はマカオには、今パスポートのスタンプを数えてみたのだが、
2011年はなんと39回も行っていた。
割合にすると75%もの週末をマカオで過ごしていた事になる。
今年になってそのペースは幾分減って、今日現在で12回マカオに行っている
先週末まで21週末あったので57%の週末をマカオで過ごしている事になる。
う~ん、おそろしい、、、

しかし毎回カジノをすることはないようにしてる。
友人たちが訪れているときに娯楽をベースとしてのみカジノをすること
を基本としている。(妻のお達しです。)

話はそれたが、私の友人達やマカオのカジノのテーブルを周ってきて
学んだことは、ブラックジャックテーブルには日本人が多い
私もカジノの中ではブラックジャックが一番好きなので、感じるのだが、
バカラとかルーレットとかそれに類ずるカジノと違い、
ブラックジャックは、自分で決断しなければならない選択が多い。
ヒットスタンドの決断はもちろんの事
スプリットするのか
ダブルダウン
それともサレンダーするのか、
実に多彩。その運を天にまかせない、自分で運を決断する、
そんなところが私たち日本人には合ってるのだろうか?

その点バカラ、ルーレット、大小(サイコロ)は、
お金をかけたらすべて自動的にゲームがすすんでいくので、
その点では面白くないと感じるのだろうか・・。

もしこのブログを読んでいる方の中で
ブラックジャックが好きな方がいたら、
マカオでブラックジャックをするとしたら
Sands(マカオCity側)
MGM
Venetian
Wynn
City of Dreams (Hard Rockがあるところ)
古い方のLisbor
をおすすめする。


Sands(マカオCity側)がいいのは真ん中にステージがあって
ダンサーやシンガー達が殆ど常時パフォーマンスしているので
ちょっとお酒を飲みながら、ダンサー達を鑑賞する楽しさもある。
またそれなりに品揃えがあるフードコートや私の好きなステーキレストラン
「コパ」もある(ここのフォアグラが最高にうまい。そして激安!)
あとマカオにはもうあまり見かけない、最少掛け金額が200ドルのテーブルもある。


MGMがいいのは、何と言っても
マカオではここにしかない、ルールの(ディーラーが最初にブラックジャックかどうか判定をする)
テーブルがある。私はMGMのテーブルが一番好きである。
MGMには最低掛け金200ドルのテーブルがまだ存在するのもいい!
その他LIONSバーはライブミュージックを聞きながらお酒を飲むのに最高な場所。
あと私がブラックジャックの次に好きなワイワイみんなで楽しむ系カジノの
クラップスもある。


Venetianは
最低掛け金はもう300ドルからしかないが、時には500ドルしか見つからない
こともあるが、とにかくカジノは何でもある。
(世界一大きなカジノフロアは225メートル四方のスペースがあり、
なんとサッカー場が7つもすっぽり入る大きさ!)
バーも2か所ある。ライブミュージックを聞けるバー(ベリーニ)もある。
フードコートも莫大に大きい。レストランも多彩。
クラブ、ディスコ(クラブロータスもある)


WynnはVenetianに比べこじんまりとしているが、
しかしここもカジノの種類はクラップスを含め多彩。
バー、クラブ以外は何でもそろっている。
最低掛け金は200ドルはもうあまりみつからない。


City of Dreams は私はラスベガる的な雰囲気があるので好きだ。
マカオでは珍しくカジノフロアの女性が欧米系の女性がおおい。
そしてサービスもいい。
ここもカジノはなんでも種類がそろっている。
ここも最低かけ金は最近300ドルしかみつからない、、、
そして、私の元同僚がオーナーをしている、香港マカオ地区で最大の
クラブ、Club Cubicもある。


古い方のLisboaが好きなのは、
マカオではここにしかない、自分がカードに触れることのできる
ブラックジャックテーブルがある。
やはり、自分の手で触れながらブラックジャックができるのは
臨場感が高まり、面白く感じる。
最低掛け金は300ドルしかここも見つからない。



マカオカジノの紹介/情報の事になると一冊の本がかけてしまうほど
なのでピンポイントで情報をかいつまんでお伝えしました
自分でもびっくりするほど、マカオに詳しくなったな、と感じるこの頃です。
もしその他聞いてみたい事等がある方は、お気軽に質問してください!

↓応援クリックは 何よりもの励み☆
にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
にほんブログ村
香港生活情報
中国関連ブログランキングへ



マカオ情報 | 18:00:38 | Trackbacks(1) | Comments(2)
マカオ マル得情報 ~ マカオ編
香港に旅行する時はマカオにも日帰りは一泊二日で訪れようと
思うのが普通だと思います。
また香港に住んでいても、マカオには何かと行く機会があるのでは
と思います。(私は一か月に2回はマカオに行っています。)
そんな方々にマル得情報をお伝えします。

マル得情報(1)
まずマカオに行く際はは、殆どの場合香港からフェリーを利用すると
思いますが、フェリーの会社は2種類あるのはご存じでしょうか?
赤いフェリー会社、ターボジェット↓はみなさんご存じだと思いますが。
http://www.turbojet.com.hk/jp/home/index.asp
青いフェリーのコタイジェット↓はあまり知られていないようです。
http://www.cotaijet.com.mo/
赤いフェリーはマカオシティー側(大きなSandsの看板が見えるフェリーポートです)に
行きますが、青いフェリーはタイパフェリーポート(マカオ空港、
ヴェネチアンとかCity of Dreamsがある側)に付きます。
まあ2つのフェリーポートはタクシーで10分もあれば行き来できるので、
距離はそんなに離れていません。
この二つのフェリーのチケットは実は大きく値段に差があります。
(ファーストクラスに限ってですが)
ターボジェットのファーストクラスの値段はHKD291~330ですが
コタイジェットのファーストクラスの値段はHKD201~231なのです。
(値段は曜日、時間帯によって変化します。)
コタイジェットの方が約HKD100安い!

マル得情報(2)
コタイジェットでもターボジェットでもファーストクラスに乗ると
飲み物が無料で注文できる。ビールは何本飲んでもタダ!!

マル得情報(3)
マカオでのオフィシャルな通貨はマカオパタカ(MOP)ですが、
マカオでは香港ドルがどこでも使用できちゃいます。
ここであまり知られていないことですが、
でも香港ドルとマカオドルの交換レートは1対1ではありません。
香港ドル1に対してマカオパタカ約1.03がオフィシャル為替レート(固定)です。
なので、マカオパタカ表示の品物、食事等に対して香港ドルの
現金を使用するのは3%もの利益を店側に無料供与しているのと同じです。
無駄に利益供与するのを防ぐため、使えるときは
クレジットカードをなるべく使いましょう!
クレジットカードの請求はマカオパタカでされます。

マル得情報(4)
カジノメンバーカードを作成する。(会費永久無料)
例えばサンズメンバーズカードを作成すると(5分もあればサンズ、ヴェネチアンの
カスタマーサービスカウンターで簡単に作成できます。サンズとヴェネチアンは同じ会社)
大多数のサンズとヴェネチアンのレストラン、バーの料金がその日から10%Offになります。
特典明細↓
http://www.sandsrewardsclub.com/en/tier-benefits

マル得情報(5)
帰りのフェリーチケットをサンズ、ヴェネチアンのカスタマーカウンターで予約する。
マカオから香港のフェリーチケットを、フェリーターミナルに着いてからすると、
次の空いているチケットが1時間後とか2時間後というのはよくある事。
サンズとヴェネチアンにあるチケットカウンターではターボジェット、
コタイジェット両方ともチケットの空き状況を調べることができて超便利!
で、そこで空き状況をチェックしながらチケットを購入して、それに合わせて
フェリーポートに行けば時間を効率的に使える!

次点マル得情報
昨日はマカオに行きゴルフをしてきました。
ゴルフをした後は決まって、サンズカジノ内にあるバーカウンターに座って
ゴルフ仲間たちと何杯か飲むのが恒例です。
マカオのカジノには無料でたくさんのダンスショーを観ることができますが、
サンズのダンスショーの質が一番Goodなのです。
さらにダンサー達はショーとショーの間はこのカウンターに来て
休んだりしているので、その時に彼女たちと歓談もできちゃいます。
彼女達はとてもフレンドリー!
私が一番気に入っているグループSands Angels(8人組)は昨日はいませんでしたが、
その替り、最近パフォーマンスを始めた韓国女性のダンサーたちがいました。
なかなかGood!
ゴルフの後のビールを飲みながら友人たちと無料ダンスを見るのはいいものです。

韓国人ダンサー達↓



応援 クリックは 何よりもの励み☆
にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
にほんブログ村
香港生活情報
中国関連ブログランキングへ


マカオ情報 | 14:21:17 | Trackbacks(0) | Comments(0)